勤怠管理とはなんですか?仕事するために知っています。

勤怠管理とはなんですか?それが私は仕事する上で知っておかないといけません。給料は自分が働いたから貰えるわけではありません。確りとデータが残っています。それが勤怠管理です。勤怠管理は一か月単位で調べられます。基本は今月21日からスタートし、来月20日締めとなっています。給料はここから調べられます。そして勤怠管理で自分自身が抜けがありました。「あれ?俺、休日になっているよ。」という事がありました。月々の日々も細かく乗っています。タイムカードでカードを打っているパターンと会員カードでコンピュータで管理するパターンと今までの私が職場で働いた形態でした。仕事はそれぞれ異なりますが、勤怠管理の方法も違っています。毎日、仕事するという意識は勿論です。忘れてはなりません。そして忘れないようにするのは勤怠管理の確認と行いです。給料に大きく響きます。機械の故障という見えないトラブルも存在します。勤怠管理は実際に失敗した事があります。それはタイムカードの打ちミスです。

私は後で上司の指摘で気付きました。勤怠管理は今までの働いたデータ、情報になります。これは私自身で管理する事が出来ません。上層部が管理する事になります。そして重要な個人情報にもなります。私が今まで見たデータはその月に働いたデータを見る勤怠管理です。勤怠管理はそれで十分だと思います。月々の給料がどれくらいか、それは契約サインした時に書かれています。基本給料は頭に入っています。それは正社員として働いている現在は、基本給プラス残業代に交通費など福祉面が一体どれ位かはボーナス的な要素だと思います。勤怠管理は抑えておいていいのか、アルバイトや派遣社員時代だとそれがよく分かります。これは時給制だけに、お金が凄く大きく関わる問題です。一つのミスで給料が基本額と比べて落ちます。勤怠管理を見ると、自分の打ち間違いがありました。それでパーになってしまったのです。そうならないように、自分の目でチェックするのです。生活する以上は働く事です。今の時代は副業も遣らないと大変だと思います。生活はすべて仕事に掲げてもおかしくありません。

余裕がない限り、お金を稼ぐために働きます。会社の売り上げを上げるために、何をすべきか?それが私の使命だと心得ます。仕事するために向上心を持っています。改善するために、自分で給料上げるために課題改善を探します。完全に成果主義だったら、今の給料は勤怠管理以上に張り切ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です