おススメの勤怠管理方法について

勤怠管理。この言葉を聞くと、真っ先に浮かんでくるものはタイムレコーダーやタイムカードではないでしょうか。小さな会社だと、未だに手書きのタイムカードを採用している所もあります。しかし先に挙げたような方法だと、従業員が増えてきたり、パートと契約社員、正社員など様々な雇用形態の人が混在して働いている職場だと月末の集計が非常に大変です。残業代が足りないなど、集計ミスにまで発展しかねません。そこで、そういったトラブルを防ぐおススメの勤怠管理を提案したいと思います。解決法の一つとして挙げたいのは、自動で勤務時間をデータ化させられるシステムを導入する方法です。既に社員証をタイムカードとして併用している企業も増えてきていますが、それをイメージしていただきたいと思います。社員証などで導入が進んでいるICカードで本人認証をしてから打刻できるようにすると、よりスムーズに管理ができるようになるでしょう。

例えば、タイムカード集計ソフトとタイムレコーダー、通信ケーブルなど全てが揃っているパッケージ商品を選ぶと、その日から使えます。こういった商品を使えば外出が途中であったり、雇用形態で締め日が異なるなどにも対応が出来て、勤務形態が複雑な職場でも混乱を招かないで済みます。具体的な機能の例を挙げると、打刻を忘れてしまった際は打ち忘れを赤色で表示させたり、専用集計ソフトで打ち間違いを簡単に修正したり、修正箇所も違う色で表示させる事が出来ます。他にもタイムカードの日計算、月計算などの計算プロセスを帳票として印刷する事も出来ます。時刻をタイムカードからExcelに転記している企業もありますが、こういった勤怠を管理してくれるシステムを導入する事でそういった手間が省け、転記漏れやミスなども心配する必要がなくなります。

また商品によってはWebで管理者が一括管理出来る物もあり、そういった方法を用いれば勤務の実績データを他の様々な給与計算ソフトに取り込む事も出来ます。そのほか、勤怠管理のシステムをサービスとして利用する事も出来るようになるため、その場合には専用ソフトや専用のシステムを使わなくても同じ事が出来るようになります。また、入退室も一緒に管理をする方法もあります。この方法だと打刻した時間が出勤や退勤の時間となりますので、この方法でも勤怠管理をする事が出来ますのでおススメの勤怠管理方法の一つと言えるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です