ハンディーターミナルの特徴を知っておきたい。

ハンディーターミナルは、片手で持てるコンパクトなサイズのデータ入力端末のことです。操作ボタンやタッチパネルなどが付いており、通信用のパソコンと使用することで、大切なデータを確認できるのが特徴です。現代人の生活で身近なハンディーターミナルは、宅配便などの物流の仕事の人が使用している商品です。飲食店や物流などの仕事は、接客が必要だったり、外出をする必要があるため、通常の会社とは違って、パソコンを使用しにくいという傾向があります。最近は高品質で上質なハンディータミナルが専門業者で、販売されており、小売店や飲食店などで使用しているお店が増えています。持ち運びがしやすいコンパクトなサイズが特徴になっており、比較的操作も簡単なので、男性はもちろん、女性にも使いやすいのが魅力です。データを入力したり、管理をするのに役立てられます。

ハンディーターミナルについて

ハンディーターミナルとは、片手で持てるサイズのデータ収集用の端末装置です。主に業務用に使用されます。機能としては、バーコードなどのスキャニング、画面表示、ファイルの入出力、ファイルの送受信などができます。例えば、宅配便が届いたときに、配達員の方が使っている、伝票を読み込むための小さな機器がありますが、それがハンディーターミナルです。その他、製造業において材料の確認や工程の管理に利用されたり、医療分野での薬剤の管理などに用いられています。この機器の特徴は、安定性と堅牢性に優れていることです。例えば、冷凍倉庫では、通常のパソコンやスマートフォンなどを使っての管理では、寒さのために機器に不具合が発生してしまうおそれがあります。その点、ハンディーターミナルは機器としての機能を厳選し、埃や寒さや悪天候などに耐える安定性や、落下などの事故に耐える堅牢性が備わっています。そのため、様々な環境下での業務において力を発揮します。

ハンディーターミナルの基本知識

ハンディーターミナルとはスキャニング、キー入力、画面表示、ファイル入出力、ファイル送受信等の機能があります。目的としてはお客様からの注文を入力したり、不正を防ぐなどがありますが接客業の場合などは忙しい時間帯の時間のロスを防ぐためにも利用されています。この場合にはPOSシステムを導入していると、毎回厨房までオーダーを伝えに行かなくても済むので、お店側にとってもお客様にとっても、非常に効率アップにつながります。これはお客様の待ち時間を少なくすることも可能で、聞き間違いなどの防止にも繋がります。またその情報は随時管理されるので、業務に関する様々な場面でも活用されています。ファミリーレストランやチェーン居酒屋などで多くの方が目にしている、そのデザインは若干乏しいといった面も見られます。開発が進んでいる昨今では、近い将来デザイン性溢れる商品を目にすることもあるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です